岩手パソコンジジ放談

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめるにあたって

  作成日時 : 2004/09/07 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 すでに、紹介で書いてあるように、健康上の都合で、東京から岩手に帰った。パソコンは都市部よりも過疎の地方、いわゆる田舎にとっては、乗用車とならんで、必須のツールなので、さぞかし、東京より、インターネットも普及して、「東京もんは遅れているなあ」と言われるのかと思った。私が東京の大学に進学するまでは、岩手県はテレプリンターでは世界一の谷村振興が通信機器業界をリードしていた地域であった。
 しかし、まさか、日本のIT先進地域より5〜10年、そして、韓国、台湾、中国に遅れをとっていようとは。
 「岩手県では、自動車がなくては生きていけないが、パソコンがなくても生きていける」と多くの方々に言われたが、岩手でパソコン事業にかかわるようになってみて、それは嘘だとわかった。
 そもそも、講習会では、健常者でも、障害者に対しても、パソコンの操作しか教えないのである。パソコンの機能、設定の話は、「いくら説明しても聞いてくれない」で、省略しているし、受けるほうも、「おらには関係ない」で済ましている。
 これは、販売店や、パソコンメーカーの訪問・対面サポートでも、病院のように(説明がわかろうが、わかるまいがきちんと説明してくれる)、くわしく説明してくれないのは、上記のことが講習会でされていないためである。
 そして、利用者、いわゆる、消費者は、サポートが説明してくれない(サポートの報告書も残さない)ので、何の原因で壊れたのかわからないので、対処できなく、同じことを繰り返し、販売店・メーカーのサポートを何回も呼ぶことになる。さらに、パソコンの説明書、リカバリCDを箱ごと捨ててしまうと聞いた時は、あきれてしまった。
 わたしは、20数年ぶりに戻ってきた浦島太郎である。一部のことを見聞きして、書いている。事実は違うかもしれない。私の誤解を解くために、コメントやトラックバックを大いに歓迎する。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はじめるにあたって 岩手パソコンジジ放談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる