岩手パソコンジジ放談

アクセスカウンタ

zoom RSS パソコンの導入の意味するもの−閑話

<<   作成日時 : 2004/10/13 02:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 現在、「パソコンの導入の意味するもの」の2を書くために、「第三の波」を読み直し、かつ、パソコンの歴史をもう一度勉強しなおしている。そのため、長らく、このブログに投稿していなかった。
 さて、このシリーズを書こうとした理由は以下のとおりである。
 私の周りでは、パソコンについて学ぶとき、技術だけを学んで、その哲学・理念を学ぼうとしない傾向が強い。
 たしかに、頭でっかちで技術を学ばないのは問題である。使ってみて、便利なら、理屈をこねなくとも誰でもが学ぶ。
 私もそうであった。しかし、私は途中でパソコンのサポートを正業にしたのもあるが、パソコンを使って何をするか、自分自身のヴィジョンを考えた。でなければ、周りの理解がないと私のパソコンの利用や仕事できなくなるからである。
 現在、我が県では、パソコンの利用が少ない。その利用例である住基ネットの活用、すなわち、住基カードを発行している自治体が少ないと今日のラジオのニュースできいた。
 住基ネットについては、いろいろと議論が出ているが、実際使われていないので、我が県では住基ネット事態の議論がほとんどない。
 現在、我が県では優秀なパソコンの技術者やサポーターは多い。しかし、多くを占めるパソコン非利用者やパソコン利用初心者へのパソコンの利用やヴィジョンについての通訳は少ない。
 パソコンがなくても生きていけるが、パソコンの活用なくして景気はこない。本来、我が県に来るはずの最新技術の下請工場は、北上市を除いて、他の地域に行かず、日本の他の地域や中国に行ってしまう。そして、外部の情報が不足して敗れた「戊辰戦争」の二の舞になるのではないか。
  以上がこのブログの立ち上げと「パソコンの導入の意味するもの」の連載の理由である。
  実は、パソコンは、いらないと思っているパソコン非利用者や深く学ぼうとしないパソコン利用初心者のための車より重要な道具であることを知って欲しいからである。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パソコンの導入の意味するもの−閑話 岩手パソコンジジ放談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる