岩手パソコンジジ放談

アクセスカウンタ

zoom RSS ひさしぶりの投稿-我が県の通信事情について考える

<<   作成日時 : 2005/07/15 01:40  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今まで、仕事が忙しく、なかなか投稿できなかったが、時間を少しずつできるようになったので、2005年初ブログとさせていただく。

 さて、本日、ある方より、「各家庭ではFAXがないんですかね」との問いがあった。
 何か、急用で送られねばならぬことがあったようだ。

 この事を聞いて、先にこの仕事の前にした1ヶ月のアルバイトのことを思い出し、「なにしろ、商店街に店を構える商店や食堂、菓子屋さんにないですからね」と答えた。
 私のアルバイトは、それらに文具のカタログを送るための店印をもらうのだが、FAXがないともらっても意味がない。断るための方便かと思ったが、やはり本当なのかと思った。

 都会では、一般家庭でFAX付電話があるのは当たり前である。ないのは、一人暮らしか、借金取りにおびえている人だからである。ましてや、商工業に携わるもの、コンピュータがなくとも、FAXがある。いや、関東地方、甲信越、関西、中国、四国、九州の田舎でさえ同様である。
 いかに、情報というものが軽く見られているからであろう。

 たとえば、メールでの返信をみてもである。内陸より、沿岸の人々は見ているし、パソコンの利用はシニアも活用している方が多い。
 聞いて見ると、漁では無線、魚群探知機、エンジン等、電子機器の知識が必要なためのようだ。
パソコンを使う前は、アマチュア無線が趣味であったりと、結構、電子機器の操作からパソコンの操作にすんなり入っている。

 私は内陸部に住んでいるが、確かに、電話があれば、用が足りるし、ムラの一員であれば、FAXもいらない。たしかに車があれば、用は足りる。
 農業に無線は必要かというと確かに必要はない。
 メールの返信も遅い。メールをこまめにみる習慣がないと気づいたのは最近のことである。

 パソコンを始めとする電子機器が必要な社会とそうでない社会があるこの岩手県。
 確かに、四国と同じ位の広さだなと痛感した。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひさしぶりの投稿-我が県の通信事情について考える 岩手パソコンジジ放談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる